Untitled

「エヴァンゲリオン」という作品の商品展開がうまくいった理由のひとつに、商品化権があるメーカーに独占されなかったことがあげられると思うんですよ。複数のメーカーから商品が出たおかげで、空白の期間が出ないように、かつ商品間でバッティングが起きないようにジャンルも調整しながら、欲しがる方々にいろいろな商品を提供できた。それはいろいろなメーカーさんにご協力をいただいたからこそ、やれたことでした。

 バンダイさんとかセガさんなど、大手メーカーが参入しているにも関わらず、他社さんからも商品が出せた。ガレージキットでも、「エヴァンゲリオン」は全メーカー制覇みたいな形になりましたが、そうした前例をつくることができたのは、ライセンスの世界にとってかなり大きな貢献だったかなと、思います。

 やっぱりね。メーカーさんにもそれぞれのよさがありますから、メーカーのよさが本来の形で商品に出た場合、商品同士は競合しないはずだと私は考えてます。

しかし、慢性骨髄性白血病って、2001年の新薬登場で治癒率90%になったのな。90年代には信じられないで
高須見ると三谷幸喜が「高須先生の顔がどんどん僕そっくりになってくるので多分僕の顔は究極の美形なんだろう」って言ってたの思い出す
新入社員「ヒャッハー!」
俺「あわわ」
新入社員「この単純作業はいただくぜ!」
俺「やめて下され!それは単純じゃが時間がかかる!儂がミスなく頑張ってる演出が一番できる作業なんじゃ!」
新入社員「うるせえ!電話番もだ!」
俺「ふおお、儂の声を発する機会も!」
suicaの残高に自信ない人用改札があればいいのに
Twitter / ichida (via chptr22)
私が大学受かった時にうちの非道な父親が言った言葉。「よく頑張ったんだな。しかしよく覚えておけ。おれはお前が頑張ったかどうかなんてのは知らないけど、受かったからそう言うんだ。世の中は結果でしか判断しないもんだ。お前が落ちてたら頑張らなかったんだと思われる。」あながち嘘でも無い。
何も知らなかったから、できないとは思わなかった
日本の標準的な学生像って、アルバイトで生活費稼いでバイト先では信頼されるリーダー的な位置にいて成績優秀でサークルではリーダーでコミュニケーション力という謎の力を持っていて英語ぺらぺらで長期休暇には日本一周とかしちゃって暇さえあればボランティアするような人でしたね。たしか。
omame:

さばサンド|院長 玲子のブログ
megazal:

WIRED.jp » rssfeeder - 本当に「NASAが開発」した、意外なプロダクトたち

NASAで、航空機に対する風の抵抗の研究をしていたエドウィン・サルツマンは自転車乗りだった。発想のきっかけは、自転車に乗っていて、大型トラックが横を通り過ぎる度に強風に煽られたこと。

同氏にとって、空気力学を応用したトラックを設計するのはかなり容易なことだった。1970年代後半までには、同氏の設計は至るところで見られるようになった。

megazal:

WIRED.jp » rssfeeder - 本当に「NASAが開発」した、意外なプロダクトたち

NASAで、航空機に対する風の抵抗の研究をしていたエドウィン・サルツマンは自転車乗りだった。発想のきっかけは、自転車に乗っていて、大型トラックが横を通り過ぎる度に強風に煽られたこと。

同氏にとって、空気力学を応用したトラックを設計するのはかなり容易なことだった。1970年代後半までには、同氏の設計は至るところで見られるようになった。