Untitled

友人が若くして亡くなった。御遺族から自分に連絡が届いた。しかし、どうやら自分にだけ届いた節がある。自分より彼と親しい人は他にたくさん居た。友人達に連絡を入れながら、何故自分にだけ連絡が来たのだろうと考えていた。

気が付いた。年賀状だ。

年賀メールではダメなのだ。紙の状態で残る、年賀状という形でなければいけないのだ。

年老いた親御さんが遺品を整理する際、当人のPCや携帯の中に入っているメールアドレス群を発掘できるだろうか? 仮に発掘できたとして、どのメールアドレスが親しい人のソレだと判断できるだろうか?

まず無理だ。自分の両親にも尋ねてみたが、無理だと言われた。デジタル機器に慣れ親しんだ世代が老人になった頃には無理ではなくなるかもしれない。だが、今はまだ無理だ。

しかし。年賀状なら発掘できる。息子がやり取りしていた相手がどういう種類の人なのか、文面を見れば遺族にも判断できる。

自分は友人と年賀状のやり取りをしていた。年賀状でやり取りしていたからこそ、こうして自分に連絡が届いたのだと思う。もし彼が、誰とも年賀状でやり取りをしてなかったら。年賀メールしか送り合っていなかったら。何か幸運な偶然でもない限り、仲間内に、彼の安否は伝わらなかったはず。彼のことは誰にも知らされないまま…だったはず。

年賀状は、送れるなら送っておいたほうがいい。こんな形でその効能に気付きたくは無かったが。今までその効能に全く気付いてなかったが。年賀状には意味があった。

1997 清原和博(30).249(462-115)32本 95打点 OPS.865 
1998 清原和博(31).268(384-103)23本 80打点 OPS.863 
1999 清原和博(32).236(263-62) 13本 46打点 OPS.795 
2000 清原和博(33).296(216-64) 16本 54打点 OPS.950
2001 清原和博(34).298(467-139)29本 121打点 OPS.942 
2002 清原和博(35).318(148-47) 12本 33打点 OPS.981 
2003 清原和博(36).290(341-99) 26本 68打点 OPS.935 
2004 清原和博(37).228(101-23) 12本 27打点 OPS.954 
2005 清原和博(38).212(321-68) 22本 52打点 OPS.753

15:風吹けば名無し:2012/10/06(土) 22:45:34.09 ID:b5lEw/yJ

応援ボイコットするほど酷いか?

17:風吹けば名無し:2012/10/06(土) 22:46:16.86 ID:9SvMtAYT
»15
給料が日本人最高レベルやったから

20:風吹けば名無し:2012/10/06(土) 22:47:16.46 ID:1IbfQ01w
»15
酷い年は酷いやん
あと一年目は激しい帳尻で
優勝無理になってから打ち出したので・・

24:風吹けば名無し:2012/10/06(土) 22:48:22.53 ID:E1rgP2yF
»15
.300 40本 100打点は余裕で打つ選手と思われてた模様
ユフィがいないとすごいギスギスしてるんだよ
18 :名刺は切らしておりまして:2012/10/06(土) 15:37:59.34 ID:EzRomUMQ(2) follower(1)
だらだらやるには最高に居心地いいけど人材育成できてないなぁ、うちは。
どの階層の管理職まで人材育成に理解がないかわからないが
成果主義を誤って解釈してるためか目先の成果(稼働率や実績)にばかり目がいってる感じ。

エンプロイアビリティなんてのも解釈を誤れば人材は雨後の竹の子のように生えてくるから
会社としては何もする必要なし、成果主義だから自分で伸びてきた人だけを評価すれば良しって誤解する。

簡単に解雇できるのならその方法でもいいのかもしれないが、
解雇規制がきついんだから成果主義の運用や解釈を間違えると負けた扱いになった社員は
モチベーションも落ちて不良債権化する。
人材育成ってのは単に一部の従業員にその企業独自のノウハウを習得させるだけに留まらず、
「あなたが必要だから教育してるんですよ」という個々のモチベーション維持につなげたり
社員全体の底上げをする重要な意味があるんだが経営ってのはなかなかそこまで目が行き届かない難しさがある。
ねぇ私のこと全部わかるって言ったけど あなた何も見えてなかった
チャットモンチー - 8cmのピンヒール (via aqdara)
  • 「行動」せずして「経験」することはない。
  • 「経験」なくして「感情」は動かない。
  • 「感情」なくして「情熱」は生まれない。
  • 「情熱」なくして「継続的に何かを続けるモチベーション」は生まれない。
  • 「継続的に何かを続けるモチベーション」なくして、難しいことを実現することは難しい。
ということだ。

重要なポイントは、行動こそが、全ての出発点だということだ。後先考えずにいろんな行動をする人は、いろんなところで感情が動く経験をつんでいるため、いろんなことに情熱を持つことができる。裏を返せば、そもそも人間というのは、何も経験していないデフォルト(初期状態)では、モチベーションなんて、何に対してもぜんっぜん無いと思う。例えば、ゲームを一度もやったことも見たこともない子供が、プレステを買ったとしても、ロールプレイングゲームがやりたいのか、シューティングゲームがやりたいのかなんて、わからないだろう。同じように、一度も仕事をしたことがない学生が、医者になりたいのか、エンジニアになりたいのかなんて、わからないだろう。まして仕事をしたことがない学生が「やりたい仕事がわからない」なんてのは、僕には当たり前に思える。
期待をするから失望が生じるのだ。
村上春樹, “世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド” (via ktreich)
V-22オスプレイの制御システムが iOS だったらみんな安心するのでわ (Android だとちょっと不安だから)
問1 :「あたかも」を使って短文を作りなさい。
答え :「冷蔵庫に牛乳があたかもしれない。」
問2 :「どんより」を使って短文を作りなさい。
答え :「僕はうどんよりそばが好きだ」
問3 :「もし~なら」を使って短文を作りなさい。
答え :「もしもし、奈良県の人ですか?」
問4 :「まさか~ろう」を使って短文を作りなさい。
答え :「まさかりかついだ金たろう」
問5 :「うってかわって」を使って短文を作りなさい。
答え :「彼は麻薬をうってかわってしまった」
問6 :「おおむね」を使って短文をつくりなさい。
答え :「彼女はDカップのおおむねだ」
問7 :「もはや」を使って短文をつくりなさい。
答え :「君もはやく大人になりなさい」
問9 :「しかし」を使って短文を作りなさい。
答え :「彼は妄想上の女しかしらない。」
問10:「たしかに」を使って短文を作りなさい
答え :「欲情した鹿に襲われました」
問11:「as~as」をつかって文章を作りなさい
答え :「あずきを食べてる東ちずる」
問12:「which」をつかって文章を作りなさい
答え :「性格のふぃっちが離婚の原因です」
問13:「あくまでも」を使って短文を作りなさい。
答え :「店があくまでもどらないからな!!」
電網辻々噺 (via puffrider) (via mmqqbb) (via lunarlunatic) (via shortcutss)